メーカー別!クロスバイクおすすめ20選 人気のビアンキやジャイアントなどかっこいいものを厳選

趣味・スポーツ

おすすめのクロスバイクを街乗りに最適なものや、休日のロングライドにまで使えるものなどメーカー別に厳選しました。
人気メーカーBianchiやおしゃれなGIOSなどから紹介します。

クロスバイクの選び方や、メンテナンス方法も解説しています。

クロスバイクおすすめのメーカー

立て掛けた自転車

さまざまなメーカーの中から、特に人気のあるメーカーの特徴を紹介します!

Bianchi

現在地球上で最も古い名門の自転車メーカーがBianchiです。
初心者ライダーから上級者まで幅広いレベルの方に人気のメーカーでもあり、特にチェレステと言われる鮮やかな緑色系の青色がブランドカラーとして定着しています。
また、価格設定も約6万円から選べるモデルも有り性能が良くてコスパの良い自転車を探している方におすすめのメーカーです。

BRIDGESTONE

世界最大のタイヤメーカーとして有名ですが、実は日本で人気の自転車メーカーでもあります。
主に普段遣いしやすいクロスバイクを取り揃えていて、通勤や通学に必要なオプションなどが標準装備されたお得なモデルもあるので、購入後にオプションを揃える必要がなくすぐに乗り出すことができます。

GIOS

イタリアの伝統自転車メーカーがGIOSです。
鮮やかなジオスブルーがとても特徴的で、ロゴには創業者のトルミーノ・ジオスがオリンピアンだったことで、オリンピックマークを掲げていることも特徴の1つです。
エントリーモデルのMISTRALはシマノ製のコンポーネントを使用しているのにも関わらず、5万円台の価格設定ができているコスパのよさも人気の1つです。

FUJI

本拠地はアメリカですが、名前の通りもとは日本のメーカーです。
ストリート仕様の自転車も多く、カラーバリエーションが豊富だったり、細身のフレームを採用しておしゃれなファッションにも溶け込みやすいモデルも展開しています。
個性的でカスタムを楽しみたいという方にもおすすめできるメーカーです。

MARIN

設立当初から、デザイン性に優れ、軽量で、長く乗れるバイクを作る!
をコンセプトに自転車を作り続けているメーカーです。
また、車体の名前にはカリフォルニア州マリン郡に本当にある地名から付けられている、ユニークなメーカーでもあります。

メーカー別クロスバイクおすすめ20選

メーカー別におすすめのクロスバイクを厳選しました。
毎日の通勤や通学をより快適にしてくれる自転車ばかりです。

Bianchi

Bianchi ROMA3



バランスの取れたエントリーモデル

フレームとフォークともにアルミを採用している、軽量で丈夫なクロスバイクです。
また、中距離から長距離まで対応できるだけではなく、ディスクブレーキを採用したことにより、濡れた路面や雨の日でも安全なブレーキ性能を実現できました。

サイズ展開も5サイズあり、男女問わず快適に乗ることができます。

 

商品詳細

  • メーカー:Bianchi
  • サイズ:43〜57
  • 重量:10.55kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×28C

Bianchi ROMA1

Bianchi(ビアンキ)2021年モデル ROMA1(ローマ1)

エントリーだけどハイグレード

ロードバイクにも使われているコンポーネントを採用したハイグレードなクロスバイクです。
ブレーキもディスクブレーキを採用したことにより急な雨にも対応でき、長距離のツーリングにも問題なく使うことが出来ます。

見た目こそクロスバイクですが、内容はロードバイクと遜色ないのでドロップハンドルに抵抗がある方はこちらがおすすめ!

 

商品詳細

  • メーカー:Bianchi
  • サイズ:46〜54
  • 重量:10.74kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Tiagra
  • タイヤサイズ:700×28C

Bianchi C-SPORT 2


街乗りからスポーツまで

38Cとワイドなタイヤを採用したことにより、クッション性もよくある程度荒れた道でも走行が可能です。
また、油圧式のディスクブレーキを採用したことにより、少しの力でブレーキがしっかり効きます。力が弱い方でも安心してブレーキをかけることができ、安全に走行することができます。

乗り降りのしやすいフレーム形状もおすすめポイント

 

商品詳細

  • メーカー:Bianchi
  • サイズ:43〜55
  • 重量:11.34kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Acera
  • タイヤサイズ:700×38C

Bianchi C-SPORT 1


気軽にスポーツを楽しめる

リラックスした乗車姿勢を保つことのできる設計と、扱いやすいフラットバーハンドルを採用したことにより、気軽にサイクリングなどを楽しむことができます。
比較的ワイドなタイヤを搭載しているので、未舗装路でのライドも楽しむことができます。

価格もリーズナブルなので、初めての1台にもってこい!

 

商品詳細

  • メーカー:Bianchi
  • サイズ:43〜55
  • 重量:11.3kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Acera
  • タイヤサイズ:700×38C

BRIDGESTONE

BRIDGESTONE CYLVA F24


シンプルだけど魅力がいっぱい

軽量なアルミフレームを採用したクロスバイクです。
LEDライトやキックスタンドを標準装備しているので、届いてすぐ安心して乗り出すことができます。
また、シマノALTUSを搭載しているので、思いのまま走ることも可能です。

エントリーモデルでも十分楽しめる装備で、楽しいサイクリングライフを送ることができます。

 

商品詳細

  • メーカー:BRIDGESTONE
  • サイズ:390〜540mm
  • 重量:11.6kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×32C

BRIDGESTONE ANCHOR RL1

【送料無料】ブリヂストン 2021 ANCHOR(アンカー)RL1 ALTUS「L1M47」機械式ディスクブレーキ クロスバイク 自転車

気軽にスポーツバイク

気軽にスポーツバイクの楽しさを味わえるように開発された、クロスバイクです。
オプションも多彩で、ライトやワイヤー錠、スタンドを標準装備しているモデルです。オプションを揃える手間も省けるおすすめの1台です。

ディスクブレーキと耐パンクガード入のタイヤを採用していて、初心者でも快適に自転車を楽しめます。

 

商品詳細

  • メーカー:BRIDGESTONE
  • サイズ:420〜520mm
  • 重量:11.5kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×32C

BRIDGESTONE クロエ 700F


レトロでおしゃれな相棒

あらゆる場所にレトロなパーツを採用している、どこか懐かしい見た目のクロスバイクです。
また、クロモリフレームやホリゾンタル構造を採用していることで、安定した乗り心地も実現させています。

特にサドルや真鍮のベルがクラシカルで、男女問わずおしゃれに乗ることが出来ます。

 

商品詳細

  • メーカー:BRIDGESTONE
  • サイズ:510〜540mm
  • 重量:12.2kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano CLARIS
  • タイヤサイズ:700×32C

BRIDGESTONE CYLVA FR16


ロードバイクへのステップアップに最適

ドロップハンドルのロードバイクにはまだ抵抗があるという方に、おすすめのクロスバイクです。
タイヤも太すぎず細すぎないタイヤを採用したことにより、スピードと安定性を両立することができました。

サイズのバリエーションも豊富で、女性でも取り扱いやすくなっています。

 

商品詳細

  • メーカー:BRIDGESTONE
  • サイズ:390〜540mm
  • 重量:11.3kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Shimano CLARIS
  • タイヤサイズ:700x28C

GIOS

GIOS MISTRAL


普段の通勤通学をおしゃれに

GIOSが最も得意とするクロモリフレームのクロスバイクです。
コンポーネントをすべてShimanoで統一していて、バランスの良い仕上がりとなっているMISTRALは通勤通学から、休日のロングライドまでバランス良く楽しむことができます。

クラシカルな見た目がおしゃれで、ファッションアイテムとしても活躍してくれます。

 

商品詳細

  • メーカー:GIOS
  • サイズ:430〜530mm
  • 重量:11.6kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700x28C

GIOS CANTARE SORA


まるでロードバイク

フラットバーハンドルをまとっている自転車ですが、内容はほとんどロードバイクに引けをとらいないクロスバイクです。
また、アルミフレームとカーボンフォークを採用したボディーは耐久性にも優れていておすすめの1台です。

走りも追求したい方におすすめできるクロスバイクです。

 

商品詳細

  • メーカー:GIOS
  • サイズ:460〜530mm
  • 重量:9.5kg
  • フレーム素材:アルミ・カーボン
  • メインコンポーネント:Shimano SORA
  • タイヤサイズ:700×25C

GIOS ESOLA


普段乗りに最適なおしゃれなクロスバイク

おしゃれなジオスブルーのクロスバイクで、通勤や通学、お買い物まで快適に乗ることが出来ます。
泥除けやフロントキャリアなど標準装備なので、おしゃれをして自転車に乗っても汚れなど気にする必要がありません。

7段変速で坂道もらくらく進むことが出来て、普段の移動も楽しくなること間違いなし。

 

商品詳細

  • メーカー:GIOS
  • サイズ:450mm
  • 重量:13kg
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:7段変速
  • タイヤサイズ:700×35C

GIOS AMPIO

GIOS ジオス 2021 AMPIO TIAGRA アンピーオ ティアグラ [ジオスブルー]

ロングライドも気軽に楽しめる

細身のフレームとクロモリ素材で、見た目をよりおしゃれに見せてくれます
また、路面からの振動をしっかりと吸収してくれるので、ロングライドも思いのままに楽しむことが出来ます。

街乗りにもツーリングにも馴染めるデザインがおすすめポイントです。

 

商品詳細

  • メーカー:GIOS
  • サイズ:470〜570mm
  • 重量:9.7kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano CLARIS
  • タイヤサイズ:700×25C

FUJI

FUJI FEATHER CX FLAT


マルチに活躍

グラベルロードFEATHER CX+のハンドルを扱いやすいフラットバーに変更したモデルです。
スタイリッシュなクロモリフレームに、ブロックタイヤを採用したことで、ツーリングや舗装されていない道も安心して乗ることが出来ます。

ディスクブレーキも標準装備なので、あらゆる路面でしっかりブレーキが効いてくれます。

 

商品詳細

  • メーカー:FUJI
  • サイズ:430〜580mm
  • 重量:11.75kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×35C

FUJI TALAWAH


おしゃれなタイヤが目印

マウンテンバイク譲りの走破性が特徴のクロスバイクです。
また、タイヤのサイドカラーや、特徴的なハンドルバーがストリートにすんなり馴染むおしゃれなデザインなのもおすすめポイントです。

ボス穴が多く設計されているので、あらゆるオプションを取り付けることができます。

 

商品詳細

  • メーカー:FUJI
  • サイズ:15〜21
  • 重量:11.4kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano DEORE
  • タイヤサイズ:27.5×1.75

FUJI BALLAD


カラーバリエーション豊富

アーバンクロモリの決定版と言われているのがこのクロスバイク。
クラシカルな見た目とは裏腹、ロードジオメトリーで組まれたフレームはスポーティーでスタイリッシュな走りも提供してくれます。

女性でも扱いやすいカラーやサイズ展開があるのも特徴の1つです。

 

商品詳細

  • メーカー:FUJI
  • サイズ:430〜560mm
  • 重量:10kg
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×28C

FUJI RAIZ


気分を上げてくれるクロスバイク

コンセプトに、テンションが上がる乗り心地!を掲げて作られたクロスバイクがこのRAIZ!
バイクとの一体感を追求したフレームで、ダイナミックで軽快な走りを体験することができます。

フロントダブルクランクを採用したことにより、メンテナンス性も良好です。

 

商品詳細

  • メーカー:FUJI
  • サイズ:15〜23
  • 重量:10.8kg
  • フレーム素材:アルミ・クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×32C

MARIN

MARIN FAIRFAX DISC SE

マリン 2021年モデル FAIRFAX DISC SE (フェアファックスディスクSE) MARIN 土日祝も営業 クロスバイク 初心者におすすめ! 通勤通学

日本人のための限定モデル

ママチャリから乗り換えるのに最適なクロスバイクです。
また、ハンドルバーも姿勢が前傾になりすぎないように内側に少し曲げてあるので初心者でも乗りやすいモデルとなっています。

ディスクブレーキやセンタースタンドが標準装備なのに、リーズナブルな値段設定もおすすめポイントです。

 

商品詳細

  • メーカー:MARIN
  • サイズ:15〜19mm
  • 重量:12㎏
  • フレーム素材:アルミ・クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Tourney
  • タイヤサイズ:700×35C

MARIN CORTE MADERA DISC SE


長年の経験が詰め込まれたマシン

通勤や通学からフィットネスまで、幅広く使えるクロスバイクです。
また、ディスクブレーキも搭載されていて軽いタッチでしっかりとブレーキが効くので、安心して乗ることもできます。

ファッションもスピードも求めたい方におすすめのクロスバイクです。

 

商品詳細

  • メーカー:MARIN
  • サイズ:15〜19
  • 重量:11㎏
  • フレーム素材:アルミ・クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Tourney
  • タイヤサイズ:700×35C

MARIN NICASIO SE


週末のサイクリングに最適

フレームとフォークにクロモリを採用したことにより、長距離ライドでも衝撃をしっかり吸収してくれます。
また、WTBタイヤを標準装備にしたことにより、あらゆる段差を気にせず走行することができます。

爽快な走りと、乗り心地を両立させた快適なクロスバイクです。

 

商品詳細

  • メーカー:MARIN
  • サイズ:470〜560mm
  • 重量:12.5㎏
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:650Bx47

MARIN MUIRWOODS29

マリン 2021年モデル MUIRWOODS 29 SE (ミュアウッズ29SE) MARIN 在庫あり クロスバイク 初心者におすすめ! 通勤通学

クールなストリートの相棒

普段の生活の足からロングライドまで、あらゆるシュチュエーションに適用できます。
また、27段変速なのでどんな道でも最適なギアを選んで走行することができます。

リアキャリアが標準装備されていて、荷物も気軽に乗せられます。

 

商品詳細

  • メーカー:MARIN
  • サイズ:M〜XL
  • 重量:13㎏
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:Shimano Altus
  • タイヤサイズ:700×40C

クロスバイクの選び方

山とクロスバイク

メーカー別でオススメのクロスバイクを20選紹介してきましたが、よりお気に入りのものを見つけるために、選び方にもこだわりたいものです。

以下に、クロスバイクの選び方をピックアップしましたので、こちらを参考にお気に入りのクロスバイクを検討してみてください。

その1・タイヤ幅

用途によって最適なタイヤ幅は異なります。

28Cスピード重視
32Cオールラウンド
32C以上乗り心地重視

細くなればなるほど、パンクのリスクも高くなるので注意をしましょう。

その2・シチュエーション

主に使いたいシチュエーションを思い浮かべて選ぶことが重要です。
通勤や通学がメインであれば、車体やタイヤの強度が十分なものを選びましょう。
また、サイクリングがメインであれば、軽量な車体に細いタイヤを組み合わせた軽快な走りが期待できるものが良いです。
アウトドアシーンでの使用がメインで考えられるのであれば、オフロードにも対応できるような頑丈なフレームとタイヤやディスクブレーキ搭載モデルを選ぶ必要があります。

その3・フレーム素材

クロスバイクを選ぶ上でおすすめのフレームは、大きく分けて2種類あります。
初心者や、安定した乗り心地を求めるのであればクロモリ製のフレームを選びましょう。鉄が主成分のフレームなので錆が発生しやすいのは注意点です。
また、スピードを追求したいのであれば、軽さと耐久性があるアルミ製のフレームを選ぶことをおすすめします。錆も発生しにくいのでお手入れはしやすくなっています。しかし、振動などが伝わりやすいので注意をしましょう。

クロスバイクのメンテナンス

自転車のギア

クロスバイクもスポーツバイクの1種です。
日々のメンテナンスをしっかりして、お気に入りのクロスバイクにより長く乗れるようにしましょう。

空気を入れる

空気を入れるくらい当たり前のことだと思われるかもしれません
しかし、これを怠ると思わぬ事故や故障に見舞われることがあります。空気入れの頻度としては、1週間に1度は空気圧をチェックして空気を入れるようにしましょう。

拭き上げ

普段から愛車をきれいに拭き上げることにより、常に自分の愛車の状態を確認することが出来ます。それにより、小さな変化にもすぐに気づくことができ故障やトラブルを防ぐことにも繋がります。
拭き上げるときには、濡らしたウエスなどを使い優しく拭き上げるようにしましょう。

チェーン

チェーンをしっかりメンテナンスすることにより、ギア類の消耗や劣化を抑えることが出来ます
頻度としては2〜3週間に1度くらいのメンテナンスがおすすめです。市販のチェーンクリーナーを使い汚れたチェーンを拭き取り、きれいになったらチェーンオイルを1コマずつ注油し1周分しっかりオイルを差しましょう。最後に余分な油分を拭き取ったら完了です。

記事で紹介されたクロスバイクおすすめ一覧


    ライターからの一言

    メーカー別におすすめのクロスバイクを紹介しました。
    街乗りからロングライドやアウトドアにまで使えるものなど、どれも魅力的なものばかりでした。
    お気に入りのクロスバイクで楽しいサイクリングライフを送りましょう。

    この記事を書いた人

    はじめましてシャオウェイです。
    趣味は体を動かすこと・読書・海外ドラマ&映画鑑賞です。
    よろしくおねがいします。

    スポンサーリンク
    EPILINA